トヨタコースター VIPER5906Vがつけられました


カーセキュリティのVIPER5906Vを無事に、コースターはビッグバンモデルに取り付けできました。

詳しい取り付け手順は、セキュリティ上詳しく書けないのが痛いところですがとりあえずは、ディーラーから配線図をいただければ、手作業で取り付けできます。

取り付けたセキュリティはエンジンスターター機能も装備しているので、後付けが困難なコースターへの唯一かもしれない魔法のアイテムともいえます。
車両ドアのロックアンロックもセキュリティのONとOFFで、操作可能なのことからセキュリティ単体は5万円を超えますがエンジンスターター機能とキーレス操作が備わるので、トータルで考えたら妥当な金額かなと思います。


配線の太さ違いに一苦労

一部の配線の太さがざっくりと2.00sq以上ありそうなのが数本あります。純正車両の分岐配線は0.2sq程度なので、そのまま接続するのが極めて困難となります。

方法はいろいろありますが私は、接続用に0.5sq程度の配線と2.00sq配線をギボシ加工で接続し、0.5sq線から0.2sqへエーモンの細線専用分岐端子を使って接続してやることで、接続問題を回避しています。

逆に0.2sq未満の極細線のハーネスでの取り付け作業もあるので、皮膜を多めに剥いて芯を少し束ねてから細線専用分岐端子で分岐させたりして接触不良を起こらないように加工します。

ニチフ NDC2824 0.08〜0.2sp
ニチフ NDC2420 0.2〜0.5sp

場合によっては上記のコネクタをフライヤーで圧着して接続してやる必要があったりと少しめんどいです。


大変だけどあった方が便利

一度つけてしまえば、キーレス操作でドアロックとアンロックもできつつエンジンスターター機能まで備わるので、一気に乗用車てきな。キャンピングカーとして使える車両になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください