① B60系 コースタービッグバン LEDウインカー 8Pウインカーリレー


コースターはT20タイプのウインカーで、前後左右で合計6個あります。総ワットで120wとなるので結構な電気消費となることから、LEDウインカーに換装すことで消費電力化を目指します。

白熱電球からLEDへ交換できても動作不良に

白熱電球のウインカーが装着されている車両へ、LEDウインカーを取り付けても動作不良の原因になります。動作不良の原因がウインカーを制御するターンシグナルフラッシャー、通称ウインカーリレーに電球切れを教えてくれる安全装置が付いていて、ここが動作不良につながります。

白熱電球だと約20wの消費電力ですがLEDでは商品によりますが、6w程度と半分以下の電力しか使わないので、ウインカーリレーで電球切れと誤認識からウインカーが激しく点滅するハイフラ現象により、LEDウインカーはそのままでは交換できても使えません。

8P ウインカーリレーを交換

LEDウインカーを使えるようにするためには、電気抵抗を高めるパーツをつけたりして対応しますがそれだと省電力化の達成が困難となります。

そこで、ウインカーリレーそのものをLED対応の製品に交換します。

現行型のB60/B70系コースターから車両電源が12vへ変更されて、普通自動車と部品の共有化が進んだと聞いていたので、ウインカーリレーのカプラーもトヨタ車共通の8Pに変更されているだろうという読みで、ディーラーへ問い合わせてみたところ、8Pカプラーな感じに見えたことから新車納車後すぐに内装をバラして交換することにします。

運転席インテリアパネルを取り外します。爪で固定されているので、一つずつ落ち着いて外します。

ハザードボタンも爪を解除して取り外すと上のような状態まで、取り外せます。ウインカーリレーはエアコン操作ユニットの真下にあります。

緑色の正方形のユニットがウインカーリレーとなります。

ウインカーリレーは特殊な固定方法なのと、作業スペースが狭いので取り外すのは諦めてまずはカプラーを取り外します。

LED対応 ゆっくりウインカーリレー2 8ピンリレー取付き車用(トヨタ、ダイハツ、スバル、三菱)

交換先が上の写真のウインカーリレー。

ウインカーの点滅速度や点滅動作が選べる、ウインカーリレーユニットです。

[点滅パターン]
・NOMAL MODE
  通常のウインカーランプと同じように点滅します。

・2:1FLASH MODE
  点いている時間が2、消えている時間が1、の非対称モードです。

・JIWATTO MODE
  ウインカーランプが”じわっと”消える残光モードです。

・JIWAJIWA MODE
じわっと点灯し、じわっと消灯します。

※すでに車に外部リレーや流れるリレー等を装着している場合JIWATTO MODE、JIWAJIWA MODEはご使用になれません。

[ハイフラ防止]

[12v/24v車共通]

[最大負荷 15A]

まとめ

LEDウインカー交換後

コースターのトヨタ社内での部品共有化の恩恵で、トヨタの普通自動車と同じ8Pカプラーだったので加工の必要もなく簡単に交換できます。

パネル裏には広大なスペースが存在するので、ユニットを収納することに困ることはありません。

【Amazon.co.jp 限定】M’s Basic by IPF ウィンカー LED バルブ T20 アンバー 530ルーメン ウィンカーポジション対応 ハーフミラートップレンズ仕様 ピンチ部違い対応 2個入 AMZ-WB001

こちらのLEDウインカーを取り付けています。ハイフラ対策の抵抗入りのウインカーでも良いのですが、低消費電力で難点なのと抵抗内蔵なのでとにかく熱に弱い構造は耐久性でも難なので見送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください